楽天Edyとsuicaで生活費の支払いは大体カバー?

何かにつけてコンビニの利用頻度は高くなってきています。まだ高校生ぐらいまでは、コンビニがそれもほど多くなかったのもありますが、コンビニで打ってる商品って、スーパーなどの商品と比べると1、2割高い場合が多いので、そういう値段的な部分もあって利用しないこともありました。

でも、今では、コンビニのオリジナル商品ところも沢山あるし、色々な料金を支払う上でも便利な存在です。何かにつけて利用することがありますよね。

そうやって利用することが多くなってくると、レジの会計が面倒くさいなと感じることが多くなったので、楽天Edyを利用することにしました。楽天Edyには、普通のカードタイプ以外にも、携帯ストラップタイプが有ったので、それなら財布を持っていく必要もカードケースなどに入れてく必要もないと思い便利だと思いました。

実際に、支払いの時に楽でいいんですが、ストラップと言ってもEdyの機能がある部分は、3.5cmくらいの四角い形状で、暑さもスマートフォンよりちょっと薄いくらいなので、少しかさばります。それにデザインが限られているので、ちょっとダサい。笑

結局、楽天Edyカードの方に切り替えたんですが、最初からカードにしておけば良かったなと今更ながら思います。やっぱり行き着く先はカードですね。

楽天Edyカードは、Suicaと同じカードケースに入れているんですが、それでコンビニで支払いをしようとしたとき、1回目エラーを起こしてやり直してもまたエラー。

レジのコンビニの店員さんは、二つのポイントカードがあるのでエラーを起こしているということだったのですが、その時、Suicaは日本全国どこのコンビニでも使用出来るということがわかったんですが、EdyとSuicaがあれば、日用品などの買い物なら、全てまかなうことができそうな感じがしました。

イオンなどで楽天Edyを使用することはできませんが、イオン系列ならSuicaが使用出来るようです。なのでよく行くスーパーがイオン系列なら追加で支払い可能。また、スーパー以外にも日用品を買おうとしたら、ドラッグストアになると思いますが、そこなら、楽天Edyを使用することも可能。

ただし、チャージはコンビニでしかできないようですね。

あと、近くのホームセンターでは、Edyのオートチャージャーが設置してあったので、そこでチャージすることも可能ですが、普通に近くのコンビニに行ってチャージすればそれで済む話。

ということで、ある程度の支払いは、楽天EdyやSuicaをうまく利用すれば、お金の出し入れの面倒を減らすことができますが、これらは公共料金の支払いには使えないようですね。

以前楽天Edyで水道料金を支払う落としたら、エラーになってできないとのことだったので、普通に現金で支払わざるを得ませんでした。

Suicaカードで実際に試したことありませんが、多分できないと思います。この辺はもう少し調べてみないとわからないです。もしくは、実際に高級料金を支払うタイミングがあれば、コンビニで試してみることも一つの方法ですかね。

ビューカードなら、公共料金の支払いも問題なく使用出来るようですが・・・。

そもそも、公共料金の支払いタイミングは、だいたいいっこして間もなくで口座振り替えの手続きなどができていない段階なので、それが終わってしまうとできなくなるかもしれませんが・・・。

何はともあれ、それらは、月に1回か2回程度あるくらいで使用頻度は低いと思うので、普通に買い物する時に楽天Edyを使用したり、スーパーでまとめて食品を買うときに追加で支払いを済ませたりすれば、それでなくても、待ち時間の長いスーパーのレジでスムーズな買い物ができますよね。

Copyright (C) 2016 日々思うことなんかをマイペースに書き残し All Rights Reserved.