膀胱炎に効く市販薬よりサプリメント?

大抵の膀胱炎の市販薬には、実際のところ、あまり期待しない方が良いみたいです。

なぜなら、膀胱炎だと泌尿器科では抗生物質が処方されることが一般的ですが、市販では法律によって抗生物質を売ることが禁止されている関係上、膀胱炎の市販薬には利尿作用をもたらす漢方成分しか含まれていないからです。

膀胱炎の原因は、膀胱内に入り込んだ大腸菌がそこで繁殖して数を増やすことなので、この大腸菌を殺菌する働きがなければ、直接的な改善は望めません。

となると、膀胱炎の市販薬には、精々自然治癒をサポートするくらいの効果しかない。
これなら、あまり膀胱炎の市販薬に頼る実益は無さそうです。

自分で水をたくさん飲んで、頻繁にトイレに行くことで、事足りると思います。
しかし、詳しく調べたところ、市販薬でも泌尿器科で処方される抗生物質と同じレベルの症状改善効果を期待できるものが、1つあるそうですが、摩耶堂製薬で製造されている腎仙散(じんせんさん)です。

なんでも、他の市販薬と違い、利尿作用をもたらすものだけでなく、抗菌作用ももたらしてくれる漢方成分も含まれているのだとか。そのため、膀胱内に増殖した細菌を、排尿を促進することで間接的に駆除するだけでなく、直接的にも駆逐できるため、ある程度症状が進行してしまっている場合でも、治癒効果が見込めるとのことでした。

これ以外に探してみると、どうやら海外ではサプリメントも人気のようです。
膀胱炎と言えば、クランベリーが思い浮かびますが、そのサプリメントは、Dマンノースという成分が含まれているらしく、これが、膀胱内の細菌を吸着する上で有効なのだとか。

しかも、大腸菌に強い殺菌力を持つ特許成分も別途配合されていて、この二つの働きがサプリメントでも膀胱炎予防や改善に有効なようです。どこまで、効果的かはしっかり調べてみたいところですが、本当なら、試してみるのも良いかもしれません。

Copyright (C) 2016 日々思うことなんかをマイペースに書き残し All Rights Reserved.